記事一覧

冬眠修了

2017.03.21

 三月に入って二度の大雪に見舞われましたが、お彼岸になると気温も高くなり、もう雪の心配はないかもしれません。
 少しずつ穴を這い出して、普通の生活を始めても大丈夫のようです。
1月2月はお客さんに来て頂き、完全冬眠をすることなく元気に過ごしていました。 宿泊のお客さんはみなさん「梼原は寒い!」と目をパチクリ?されていました。
 そうです。檮原の冬は尋常でない寒さで、私は固まりそうになって冬を過ごすのです。

 東京では開花宣言が出たそうですね。
梼原はまだ開化には時間がかかりと思いますが、「春」をつかむのは時間の問題です。

 

新しい年

2017.01.09

 あけましておめでとうございます。
昨年は「花の家」をご利用いただきありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。


  今年の年明けは快晴に恵まれました。
空気が冷たくてピリピリ痛いお正月から解放され、おひさまが輝くお正月になり、冬将軍にいじめられていた人達が自由になったような感じです。

このまま温かい日が続く梼原ではありませんので、三月までの長期間、心して冬とお付き合いしなくてはなりません。

北風がピューピュー吹く音を聞きたくなったら、梼原へどうぞ。
(ナンチャッテ)

お礼

2016.12.22

  今年も残すところ10日を切りました。
猿年の新春は雪に見舞われ、震えあがる寒さで新春を迎えたことでした。

 母が9月に介護2と判定され、毎週三日はディサービスに通っています。
花の家名物の母は、最近お店に出る事はほとんどありません。長年当宿に来て頂いたお客様が女将さんは?と聞いていただく事がありますが、お目にかかれず申しわけありません。

 母の民宿を手伝っている私ですが、まだまだ母のように女将さんになるのは時間がかかりそうです。

 ばたばたしながらでも時間は過ぎていきます。

どうか来年もまた花の家にお越しください。

無題

2016.12.12

花の家の窓ガラスの下に、小さいシクラメンを飾っています。
朝日が良く当たる窓辺で、赤やピンク、白の花々は殺風景な冬に彩りを添えてくれています。

 もうひとつの窓には、満開のカニサボテンを飾り、道行く人の目を楽しませています。
そのウインドーに、少し派手目のイルミネーションを飾りました。
夕方6時から8時までピカピカさせていますが、ただピカピカしているだけで何の芸当もないのが悲しい~~~~~

 孫たちが来たら、イメチェンをしようかなー

 

近況

2016.11.29

 ばたばたしているうちに、今年も残り一カ月余りになりました。
花の家の女将さん(母」が9月に介護2の決定になり、週に3日ディ・サービスに行くようになりました。

 母が築き上げた民宿ですが、最近はほとんど私が主になってお店を開くようになりました。
今までは、母の好みのお店でしたが、少しずつ模様替えをしています。

 梼原は昨年からメイン通りにイルミネーションを飾るようになり、26日にその点灯式を行いました。
私は10人の仲間たちとオカリナを4曲吹きました。

日に日に寒くなる梼原です。冬の梼原は何もありませんが、梼原人のやさしさでおもてなしができます。
 どうぞお越しください。

里芋の田楽など食べませんか?

蒸し暑い毎日

2016.10.01

 10月になりましたが、只今の気温は24度C。
この分だと下界は28度ぐらいあるのではないでしょうか。花の家のおばちゃんは、今日はシーツの洗濯をして、バリバリに糊を利かせました。仕上げはクリーニング屋さんにお願いするようにしています。

 道路沿いに咲いていた花たちは、涼しくなったのなんだか嬉しそうに花びらを揺らしています。
週末は脱藩マラソンのため、ちいさいお宿も満室です。

 水曜日あたりから、田舎のおばちゃんが作るご飯の献立を考えましょう~~~~~~~~~~~
大根も美味しくなったし、シイタケの収穫も始まったようです。

台風一過

2016.09.22

 土佐沖を通過した台風は、高知県西部に被害をもたらしました。
6年前まで暮らしていた四万十川畔の町も、内水の浸水に遭い友人の家も床上寸前で避難していたそうです。

 梼原は、公共交通機関が午前中のみ運行中止になりましたが、昼過ぎからはおひさまが顔をだし、被害も話もありませんでした。
台風が通過した後、秋がグッーと近付きました。

 さて、24日25日は梼原で近隣の「おいしい物」が集まります。道案内の標識が方々に立てられ、お客さんのお越しを待っています。
 どうか、両日ももお天気に恵まれますように~~~~~~


追伸  
  松山から仕事で宿泊している客さんに、ブログをやってますね  と言われました。
     (はっ!)そう言えば最近更新していない。

       という訳で、久しぶりの更新です。

う、秋!

2016.09.08

 あれよあれよとおもうままに、季節は秋になりました。今年の夏はジリジリ暑い日が続き、もしかしたら「溶ける」かも・・・と期待しましたが、夏バテもなくどこも溶けませんでした。もちろん溶けるのを密かに期待したのは体の脂肪。

 梼原は朝夕かなり涼しくなり、これから少しの期間ですが過し易くなります。
カルスト台地には秋の花が咲き、星の輝きも違ってきますので
自然と一体になれる大好きな季節。

 オカリナを習い始めて約2年。少しだけ吹けるようになり、時々福祉施設へボランチァに行くこともあります。オカリナを習っているのは20人。

お客様の前で披露できるようになるにはまだまだですが、継続は力です。ぼちぼち頑張ります。

近況

2016.04.09

春が来たと言っても、朝夕はストーブが欲しい毎日ですが、日中は20度近くに気温が上がることもあります。
川ツツジも咲き始め、近くの沈下橋の横に大きなしだれ桜が満開になりました。

 昨日「カワセミ」を発見!
清流の傍に住んでいますが、本物のカワセミを観たのは初めてで、大そう感動しました。

鳥が好きな友人が、カワセミの事をたびたび話してくれていましたが、そんなに簡単に巡り合う訳がないと思っていた矢先のことでしたので、もっとちゃんと話を聞いておけばよかったと思いました。

春になって野鳥も嬉しいのでしょうね。
鳥だけではないよ、おばちゃんも嬉しい~~~~~

花の季節到来

2016.03.17

お彼岸が近づくと、さすがに梼原も「春」が来たと感じます。温かくなると、虫が這い出てくるように花の家のおばちゃんも、外に出かける事が多くなって、ホームセンターから「花の苗」を求めたくなります。

 今までは90歳の母が土いじりをして花の面倒を見てくれていましたが、昨年の春ごろから、花に興味を示さなくなり、それと同時に土いじりもしなくなりました。
 そこでこれは「花の家」の看板が泣く?と、本気をだして今日から花係を受け持つことにしました。

 古くなった土に腐葉土を入れ、土壌改良をしました。
2-3日経ったら、花の苗を買いに行こうと思っています。春爛漫はもうすぐです。
周囲の花に負けないように、我が家も花いっぱいにしましょう~~

ページ移動